HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島第一原発
福島第一原発についてはまだまだ予断を許さない状況が続いていますね。
当初疑問だらけだったのですが、ここにきてようやくある程度状況が追えるだけの情報が出てきた感じです。
TVなどから聞きかじった情報を集めたものなので、ソースが定かではなく、間違いもあるでしょうし、推測も多く入っていますが、一応現時点で私の理解している状況をまとめておこうと思います。

★事故原因
地震によって緊急停止はうまく機能したが、その後の津波でいくつかの発電所内設備が破壊され、さらに冠水したことでいろいろと問題が生じ、電源喪失により冷却ができなくなったことが直接の原因。
原子炉は核反応を停めても、しばらくは崩壊熱で大きな発熱があるので、それを冷却しないと燃料棒の融解→再臨界→大爆発という危険がある。

・そもそもフェイルセーフはどうなっている?
福島第一原発(1~4号機)では、緊急停止後の冷却を行うための電源として、他の号機や系統電力からの受電ができない場合はディーゼル発電機とバッテリーを備えている。
バッテリーは半日程度の容量しかない。

・フェイルセーフがなぜ機能しなかった?
バッテリーは正常に機能したが、枯渇。
ディーゼル発電機は機能しなかった。

・なぜディーゼル発電機が機能しなかった?
ディーゼル発電機は地下に設置されていて、防水対策が十分ではなく、想定以上の津波による冠水で浸水し、始動不能に陥った。
その後復旧努力はされたが、配電系統も浸水し、バッテリー枯渇後は圧力容器の破損を防ぐために蒸気を抜いたために放射線量が高くなって建屋内・建屋周辺での復旧作業自体ができなくなった。

・電源車による対応という話があったが?
未確認情報によれば電源車は到着したが燃料が十分に確保できず使えなかった。
<疑問>事故後すぐはその可能性も大いにあるが、自衛隊がポンプを空輸したりしているので、その段階になれば当然燃料は補給できたはず。

個人的な推測だと、この時点では水が引ききっておらず、電気系統が浸水していて電源車での対応はできなかった可能性が高いのではないかと思う。
<疑問>とはいえバッテリーによる冷却機能が機能していたのなら、バッテリーに割り込ませて最低限の機能を動かす程度はできたのではないか…
まあ、バッテリーで…というのがそもそも嘘だった可能性もあるが…

・そもそも設備がぼろくて点検もろくにされておらず、津波云々とは関係なく動作しなかった可能性
読売新聞の記事
他にも、配電設備のトラブルで緊急停止した際に、ディーゼル発電機が正常に機能せず、他の号機から受電して冷却したようなこともあるらしい。
津波を受けなくても、大雨や台風などである程度浸水するといった危険は常にあるので、最初から浸水については全く考慮されていないというのも考えにくく、管理がおざなりだったためにこういった結果を招いたという可能性も高いかと。
例えば、本来ディーゼル発電機室は浸水しないようになっているはずが、扉などを開けっ放しにしていたために心酔してしまった…とか。

★現在の状況
報道発表を信じる限りでは、以下のように言われている。
1号機:圧力容器・格納容器は無事で海水注入で冷却中、建屋最上階は水素爆発で吹き飛んだが、使用済み燃料プールも無事
2号機:圧力容器・格納容器は無事で海水注入で冷却中、爆発していないので建屋も健在で、当然使用済み燃料プールも無事
3号機:圧力容器・格納容器は無事で海水注入で冷却中、建屋最上階は水素爆発で吹き飛んだが、使用済み燃料プールはかろうじて無事?
4号機:点検中で停止していたことから炉自体は何ら問題なし、ただし使用済み燃料プールに燃料がありおそらくそこからの水素で水素爆発をお越し火災発生、使用済み燃料プールはかろうじて無事?

1号機は建屋の最上階が吹き飛んだだけなので、構造的に行っても燃料プールは無事だというのは納得できる。
炉についてもまあ説明を疑う理由は今のところないと思う。
2号機はさんざん水位低下を起こしていたし、タービン建屋の放射線量が高いと言っているので、配管の途中で蒸気漏れが起きている可能性は高いと思う。
3号機は外見的に建屋の破損が激しく、これで使用済み燃料プールが無事というのはちょっと考えにくいように思う。
少なくともプールはダメージを受けて水漏れが起きているとか、最悪燃料棒がバラバラに四散しているなんて可能性もあるかもしれない。
※3号機についてはあとで補足
4号機は海側はかなりのダメージだが、陸側はそうでもないし、ピンポイント注水を行っていることからして3号機ほど深刻ではないように思う。
ただ、プールは多少なりともダメージを追っている可能性が高いだろう。

3号機の補足は画像などもあるのでつづきから。
スポンサーサイト
言葉の変遷
前のエントリともかぶるのですが、言葉と言うものは常に変化していくものです。
ですので、「最近の若者は言葉が乱れている」などと言う嘆きは、的外れだといわざるを得ないですね。

まあ、前のエントリでは「嫁という呼称は間違い」みたいに書いた訳ではありますが、それは個人的に気になるってだけで、世の中での定義が変わるならそれはそれでしょうがないと思います。

ちなみに、言葉の乱れとしてよく槍玉にあげらるものとして、「ら抜き表現」「『普通に』という修飾語」が上げられますが、これらは別に間違っていないと私は思います。

まず、ら抜き表現ですが、これは日本語的には正常進化であるともいえます。
例えば、「食べられる」ですが、これだけだと「私はトラに食べられそうになった」と言うようなケースと、「せっかくの料理なのに満腹であまり食べられなかった」というようなケースを区別するには、文脈を理解する必要が出てきます。
ですが、ら抜き表現を使えば、「食べれる(ない)」という場合は、確実に能動型の意味(「自分がなにかを食べる」ようなケース)だということがはっきりします。

次に、「普通に」です。

「その料理はどう?」
「普通においしいよ」

って感じの会話だと、「普通に」は「特殊な条件なしに」と言うような意味になるでしょうか。
まあ、最近の若者はどうかわかりませんが、こういう場合「普通に」をわざわざつけるということは、前提として「事前の予想とは異なる」ということがあると思います。

上記の例だと、「その料理」はちょっと変わった料理であるとか、腕に自信が無い人が作った料理であるといった前提があると考えるのが妥当でしょう。
その場合、「ちょっと辛いけど、おいしいよ」「好みが分かれる味だけど、私にとってはおいしいよ」「見た目は悪いけどおしいいよ」などと言った、「限定条件」が付かないという意味で、わざわざ「普通に」をつけるのだと思います。

これも、ら抜き表現の場合と同様、曖昧さを極力排除するという効果を持っていますので、正常進化だと考えられるわけです。

このように、意味のある変化を「言葉の乱れ」と言うのはどうかと思うのですが、皆様はどうお感じになるでしょうか?

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

「嫁」という呼称について
暫く超多忙でBLOGも放置状態でしたが、少し落ち着きました。
ここのところはPHP+MySQLで携帯サイトを作っていたので、折を見てその辺のTipsでもまた載せたいと思います。

で、今日は「嫁」という呼び方についてです。

最近関西系の芸人さんの影響からか、自分の妻のことを「うちの嫁が…」などと呼ぶ人が多くなりましたね。
しかし、この呼び方はどうにも気になるんです。

関西ではどうなのか知りませんが、関東では嫁と言うのは「息子の嫁」「兄嫁」など、自分の直系親族の妻のことを指す言葉です。
まあ、「嫁探し」など結婚前であれば、自分の将来の妻のことを指すような言い方もありますが、これとて余り本人自ら言うような言葉ではありません。

ですから、自分の妻のことはあくまで「妻」という呼称が正しく、それ以外なら「カミさん」「女房」などでしょう。

多分ですが、妻だと堅苦しいし、カミさんや女房はオヤジくさいというので、妥当な呼称が見当たらないから、「嫁さん」になったのでしょうが、私としてはどうにも気になってしまいます。
まあ、言葉は生き物ですので、定義や使われ方が徐々に変化するのは仕方ないのですがね。

同じように「うちの奥さんが」というのも変ですね。
「奥さん」というのは、一応敬う言い方ですので、本来は(他人と話している限り)身内に対しては使わない言葉です。
おどけて、尻に敷かれている風を出すために、「うちは奥さんが怖いから」みたいに言うのは良いと思いますが、普通に「奥さん」を妻をあらわす呼称として使うのはどうかと思います。
DWFTTW問題
こちらで話題に上っているDWFTTW問題についての考察です。
DWFTTW問題については、つまるところ「ヨット等の風力で移動する乗り物は追い風の風速よりも早く走れるか」ということです。

件のサイトで紹介されているのは、プロペラと車輪を使った模型ですが、まずは一般的なヨット等の帆船で考えて見ましょう。

[DWFTTW問題]の続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

クラスター爆弾
イラク等でクラスター爆弾の子爆弾の不発弾が問題化しているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070215-00000030-maip-int

クラスター爆弾の詳細については、Wikipediaを参照していただくとして、簡単に説明すると、大きな親爆弾の中に小さな子爆弾を沢山詰め込んで、空中でばら撒くことによって大きな範囲にダメージを与えるような兵器です。
対非装甲目標が密集しているような状況とか、滑走路など広い面積にダメージを与えるには絶大な効果を発揮します。

しかし、原理上子爆弾は簡素な作りであり、また落下角度・速度などのばらつきから不発になるものもかなりあるようです。
問題となっているのは、それら不発弾が地雷と同様に戦後まで残されて、民間人に多数の被害が出ること、処理に手間と時間が掛かることです。

ただ、ちょっと考えると地雷と違って対策は比較的容易なのではないかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。