HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂東眞砂子の子猫殺し告白
<子猫殺し告白>坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府
彼女はもっともらしい論法を述べているが、明らかにおかしいのではないでしょうか。
#ニュースはそのうち消えると思うので全文に近い引用をします

まあ、動物=家畜といった環境で育った人にとっては、避妊手術代より子猫を殺すほうをとるような価値観を持っていてもある程度仕方ないかとは思いますがね。
それならそれで、潔くそのように認めれば良いでしょう。
#まあ潔く認めたら捕まるかもしれませんが

 私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢(ごうまん)さからだ。


ペットを飼うのが、人間のエゴであることを認めている点は評価できますね。
動物の側からしてみれば、別に人間に飼ってくれと頼んでいるわけではないのですから、その通りでしょう。

誤解の無いように補足しますが、だからと言って飼っていたペットを野に放つのは無責任です。
一度ペットになった動物は、人間に依存して生きていくように自分のライフスタイルを変化させているのですからね。
#一時的な保護が最初から目的なのでない限り
一旦飼いはじめたのなら、きっちり死ぬまで飼いましょう。

 さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。


つらいからと言って許されるわけではないでしょう。
まあ、面白半分に殺すような輩とは違うということを言いたいのでしょうが。
殺されるほうにしてみれば、似たり寄ったりです。

 しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だらけとなり、えさに困り、近所の台所も荒らす。でも、私は子猫全部を育てることもできない。
 「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブルなく生き物を飼うには、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。


もっともだと思っているのにそれをしないのは責任逃れの何者でもないですね。

 しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。もし私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に嫌だ」と絶叫するだろう。


不妊手術をせずに、生まれた子供をことごとく殺されるのとどちらがいやだと思いますか?
当然不妊手術をするほうが、親猫にとっても子猫にとってもダメージは少ないのではないでしょうか?

まあ、動物がどの程度子供に愛情を持っているかは分からないので、猫の場合は子供を殺されるほうが良いとも考えられますが。
でも、人間に置き換えるなら、明らかに子供を殺されるほうが嫌でしょう。

 もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。
 他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への断種、不妊手術へと通じる。ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。


子供殺しはどうなのでしょうか?

実際、人間が勝手に猫に避妊手術を施すことは、猫にとって迷惑な話なのは間違いないでしょう。
結局は人間の都合ですからね。
でも、そんなことを言ったら、ペットとして飼っている時点で人間のエゴなんですよ。
それなのに、避妊手術だけを取り上げて否定するのは、論点のすり替えですね。

上でも書いたように、人間に例えるなら、強制的な避妊手術よりも、生ませておいて殺すほうがよっぽど残酷です。

 エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。


まあ、法的に違法行為に当たるのかどうかは、法律の条文次第/裁判官・陪審員の判断次第ですがね。

でも、今まで記述してきたように、生ませない努力だけが人間のエゴだと言う考え方がおかしいです。
恒常的に子殺しという手段をとっているのですから、いくら意図的に苦痛を与えているわけではないとはいえ、常識的に考えたら虐待に当たるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。