HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラスチック油化装置
ちょっと前に、TV番組の特集でプラスチック油化装置なるものが紹介されていました。
この番組では、かなり夢の技術のような扱いでしたが、大きな落とし穴があります。

1)この装置の消費電力が明言されていない
2)結局精製した油を燃やすならCO2は削減できていない
3)都合の悪い部分は隠すような姿勢に問題あり

1については、番組内はもちろんのこと、上にリンクを張ったメーカのWebページでも書かれていません。
なぜ、これが重要かというと、精製した油を燃料にするのなら、精製に投入するエネルギーと精製して得られた油から取り出せるエネルギーの収支が問題になるからです。
つまり、1kW時のエネルギーを投入して得られた油で発電機を回して1kW時未満のエネルギーしか得られないなら、やるだけ無駄だということになるわけです。

さらに、ここで多少収支がプラスになるとしても、発電などに使うならそのまま廃プラを燃やしてその熱で発電したほうが効率的であることはほぼ間違いありません。

2について、会社のwebページには87%ものCO2削減効果とありますが、精製した油を燃やすことを考えれば結局は削減などしていないことになります。
もちろん、その分原油起源の燃料を使わなくてすむのだから…という理屈は成り立ちますが、上で書いたように廃プラを直接燃やしたほうが効率は良いです。

3についてですが、1や2で挙げたような点は「意図的に」ごまかしているとしか思えません。
まるで夢の技術であるように、欠点はまるっきり書いていません。
こういったものは、欠点が皆無なんてことはまず有り得ないわけですし、実際上で指摘したようなことがあります。
こういう部分を隠して、利点ばかり強調するやり方は、利益のことしか考えていないという証拠です。
本当に環境のことを考えているのなら、欠点は欠点としてきちんと公言するべきでしょう。
その上で、どれくらい有効なのか、課題はどの辺にあるのかなど語るのが本来の姿です。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
視点をかえてみればいいのに
再利用じゃないの?
別に油化したものを燃やすだけではなく、違う形のプラスチック容器を作る原料として使うのでは?燃やしたらそれっきり、違う形の製品にすれば「貴重な資源」として半永久的に使えるのに。
2008/05/11(日) 17:02:09 | URL | くぐつまわし #-[ 編集]
Re:視点をかえてみればいいのに
コメントありがとうございます。
上記の製品に関しては、燃料を作ることしか考えていないようです。
第一、原料としての再利用なら、油化するよりは溶かして化学処理する程度の方がはるかに効率的です。

リサイクルと言うのは、貴重な原料の場合は大きなエネルギーを投入しても収支が取れるものですが、プラスチックの場合になると、投入するエネルギーの大本も現状では石油がメインですので、そうなると無理に効率の悪いリサイクルを行うことで余計に石油が消費されるということになるのです。

石油に代わるエネルギー源が確保された状態で、石油が枯渇してきているような状態なら、大きなエネルギーを投入しても、リサイクル下方が良いとなりますが、現状ではそうなってはいません。

環境問題と言うのは、このようにかなり複雑なものですので、うわべの知識で踊らされるのは将来にとってもマイナスです。

だからこそ、「実は利益のことしか考えてない似非環境技術・商品」に関しては(この油化装置が必ずしもこれに当たるかどうかはまだ断定できませんが、かなり黒に近いと思います)きちんと批判しないとならないのです。
2008/05/11(日) 18:39:54 | URL | B-51(管理人) #NSULs8mg[ 編集]
それはどうでしょうか?
確かに、使用電力量の明記も必要だという事は分かります。
しかし、その場合、その電力の源は、燃料は?という事が、重要ですね。
最初の油化段階で石油火力など従来の電力会社から買ったものを使い、それ以後は、油化した燃料を使うのであれば、エネルギーの節約及びCO2削減等の効果は十分にあります。
それと、油化燃料を自動車や船舶等エンジンの燃料として使えるという事は、従来の燃料の代替に当ると共に、先ず、大量のプラスチックゴミの削減による省資源・省エネルギー効果はあります。
又、回収されたプラスチックをエンジン用燃料として使い、成型品にしないという事は、その分の生分解性プラスチック等の製品市場の枠を拡大させ、より量産化効果を出し易くします。生分解性という事は、植物樹脂等バイオマスを使っているので、カーボンニュートラルの原理でCO2削減に寄与します。
 ただ、油化燃料をボイラー等の燃料として使うよりは、自動車・船舶などエンジン用の燃料として使う事が重要な鍵を握っていると思います。その分、新しく原油を買わなくても済むし、その量が多くなればそれだけ、海外からの輸送燃料消費量も減らせる。それは、CO2削減に貢献していないとは絶対に言えません
2008/07/18(金) 18:47:17 | URL | 名無し #-[ 編集]
今、原油価格高騰で、全国・全世界で、ガソリン・軽油・重油価格が、異常に値上がりし、皆さんの生活を苦しめている事は確実です。
しかし、目の前にある石油資源それも今や、ガソリンや軽油の代替燃料として精製装置にもよりますが、問題なく使える原料が処理に困るほど沢山あるのです。
それを十分に使えば、それこそ、資源の節約・ゴミの削減になります。
陰から批判ばかりする前に、今目の前に豊富にある石油資源を自動車や船舶等の燃料としてきっちり最後まで使おうではありませんか。それは、同時に生分解性プラや間伐材・再生紙の市場を拡大させるので、たとえ、油化燃料を燃焼し、CO2を発生させても、吸収させる事も可能です。それが成型品に加工したらどうでしょうか。
その分、燃料供給量もバイオマス製品供給量も増やせないので、たとえ、半永久的に循環させ、効率的に表面的に見えてももっと視野を広げて見た場合には、非効率になってしまいます。
ガソリン・軽油価格が高いと嘆いて、政府等に文句ばかりを言うより、先ず、目の前にある原料を使い尽くす努力を精力的にするべきです。価格は、需要量が増えれば上がり、需要量に対して供給量が増えれば下がるのは経済原理の基本です。上がったら、目の前にあるものを使う事で買う量を減らし、同時にゴミも減らす。その結果、家計負担も減る。みんながそれぞれ、力を合わせれば、その代替燃料の供給量も増やせ、これは、必ず実現します。
 そのような努力もしないで、ガソリン・軽油価格が高い、政府に何とかしてくれ、、油化リサイクルは問題だ、というのは、それこそ、大問題です。言い訳ばかりで邪魔ばかりする卑怯者の屁理屈です。
2008/07/18(金) 19:08:42 | URL | 名無し #-[ 編集]
Re:それはどうでしょうか?
コメントありがとうございます。

>最初の油化段階で石油火力など従来の電力会社から買ったものを使い、それ以後は、油化した燃料を使うのであれば、エネルギーの節約及びCO2削減等の効果は十分にあります

何故そういう理屈になるのか解りません。
例えば、油化に100Whの電力が必要だとして、それで生成される燃料は100Whに満たない熱量しか持っていないとしたら、意味が無いですよね?
油化しないで100Wh分の発電を停めた方がよっぽど節約になります。

更に発電所レベルなら、プラスチックを油化しないでそのまま燃やすことも可能です。

ご指摘にように普及している内燃機関で使用可能な液体燃料を作れるという利点はありますが、それが意味を持つかどうかも効率次第です。

>植物樹脂等バイオマスを使っているので、カーボンニュートラルの原理でCO2削減に寄与します

これはあんまり意味が無いかと思います。
植物から生分解性プラを作るには、石油から作るより多量のエネルギーを必要とします。
バイオ燃料も実際は5%に満たないようなCO2削減効果しかないことはご存知ですか?

さらに、ゴミ問題も単純にプラスチックを再生するか、再生困難なものは燃やしてエネルギーを吸収すれば済むことです。
ダイオキシン云々はマスコミの作り上げた幻想ですしね。
まあ、東京都などは焼却施設のキャパ問題などで難しいでしょうが、原理としてはそっちの方が本来の姿でしょう。

>海外からの輸送燃料消費量も減らせる

繰り返しになりますが、変換効率しだいなんですよ。
油化するのに余分なエネルギーが沢山必要ならば、むしろ海外から輸送したほうが余計な燃料を使わないで済みます。
まあ、原子力発電とか、風力・太陽光発電とかと組み合わせるなら良いですけどね。

ちなみに、潤沢に電力を使えば液体燃料も合成は可能です。
水を電気分解して、水素を得て、空気中のCO2を還元して炭化水素を得て、それを合成して液体燃料を作るって事は既に実現できています。
まあ、こちらもエネルギー収支がつりあわないので、まだ研究室レベルの技術ですけどね。
2008/07/18(金) 19:09:58 | URL | B-51(管理人) #NSULs8mg[ 編集]
つづき
>言い訳ばかりで邪魔ばかりする卑怯者の屁理屈です

私は別に、この技術が100%使えないものだといってはいませんし、プラの再利用などを批判もしていません。

一番問題なのは、この製品が「環境」を叫びつつ、正確な判断をするための情報をきちんと公表していないことです。

本文で3としてあげた部分が最も問題であるところです。

資本主義社会ですから、儲けを意識するのは悪いことではありませんが、「環境のために」ってのを前面に打ち出すのなら、素人の勘違いに浸けこんで売るような卑怯なマネをすべきではないということです。

きちんとエネルギー収支やトータルLCOを公表して、「この装置を使えばこれくらいの環境負荷を減らせるんだ」ってことを説明する責任があるだろうということです。
それをきちんとやらないから、1や2で挙げた疑念が出てきてしまうんです。
2008/07/18(金) 19:33:01 | URL | B-51(管理人) #NSULs8mg[ 編集]
コメントします
例えば、油化に100Whの電力が必要だとして、それで生成される燃料は100Whに満たない熱量しか持っていないとしたら、意味が無いですよね?
油化しないで100Wh分の発電を停めた方がよっぽど節約になります。
最初の油化に電力を使ったとしても、油化段階で通常の原油精製時と同様にオフガスという可燃性ガスが出ます。そのオフガスを発電に使い、その電力で油化して、自動車や船・エンジン式発電機を稼動させるのであれば、原油からガソリンや軽油・灯油等を精製する時に消費する電力量と比べて、省電力になります。それに、ただ燃やすだけならわざわざ油化する必要もないかも知れないが、通常のエンジンで使える液体燃料に変えるという事は輸入原油から精製し、購入する量を減らしても必要な燃料を調達できるという事で、付加価値が高いと言えます。
 それに、油化装置を稼動させる電力に太陽光や風力等を使ったとしたら更なる省エネルギーが実現できます。
又、油化にあまり適さないプラスチック樹脂は、高炉還元剤やRPFやRDF(固形燃料)にして、製紙段階での燃料に使う事も有効ですよね?
 まあ、あなたのご指摘されているように確かに、エネルギー収支をもう少し計算したものを出さないと・・・というのはとても分かります。
2008/08/19(火) 17:13:46 | URL | taisho #rv9XNj.Q[ 編集]
taishoさんへ
確かに仰るような利点はありますね。
ただ、この記事で取り上げた製品ではそこまで考えては居ないようですし、上でも書いたように(この部分は御賛同いただいておりますが)判断材料をきちんと公開していないことなんです。
環境対策としてやるのであれば、私が挙げたような問題への対処をどうするのか、taishoさんが仰るような運用形態にどこまで対応できるのかなど、きちんと公表する必要があるでしょう。
TVの番組内では、時間の都合やTV局の番組作成サイドの判断などで、あまり込み入った説明が出来ないのは仕方ないと思いますが、Webページもまるで夢の技術科のような「売り文句」ばかりで、肝心の情報はまったくありませんからね。

ちなみに、石炭火力発電をそれなりに使っている現状では、液体燃料が作れるからといってあまり効率的でない油化技術を行なうよりは、そのまま燃やすなどして「石炭火力発電」を減らす方が環境対策としてはプラスになると思いますよ。
高効率LNG火力などならまた別ですけどね。
2008/08/19(火) 18:04:46 | URL | B51(管理人) #NSULs8mg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。