HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
味噌汁
TVで取り上げていましたが、最近味噌汁がブームだそうです。
その割りに、家庭で味噌汁を作る人は減っているそうです。
その溝を埋めているのがインスタント味噌汁。
なんでも、他のおかずはきちんと作るのに、味噌汁だけはインスタントという家庭も多いらしいです。

TVで取り上げていた主婦を見ていたら、手作り味噌汁のほうは出汁からとっていました。
で、インスタントとどちらが美味いかと家族に聞くと、インスタントだと。

これはそもそも、自分で出汁からとるから、面倒かつあまり美味くならないのだと思います。

もちろん、自分なりに美味い出汁を研究するのは良いと思いますが、美味い出汁を1から作るとなるととにかく時間と豊富な材料が必要になります。
単純なかつお出汁でも昆布だしでも、インスタントに匹敵する程度の味を出そうと思ったらかなりの量の鰹節や昆布が必要ですし、美味い出しに仕上げるにはタイミングとか比率とか結構微妙です。

こういったことを考えていると、そりゃ面倒にもなりますし、ケチったり手間暇を惜しんだりすると美味くできません。
で、結局インスタントで良いかという方向に行き着くのだと思います。

しかし、それなら出汁は「出汁の元」で良いじゃないですか?
出汁の元系は…という人も結構居ますが、実際のところ1からとった出汁と区別の付く人は結構少ないでしょう。
「いや、俺はわかるよ」と豪語される方は、ブラインドテストをやってみていただけるとわかると思います。
#今まで遣ったことの無い「出汁の元」と、その味に似せて作った通常出汁を同じ容器に入れて、被験者にどちらがどちらかわからないようにした状態でテストする

出汁の元を使えば、お湯を沸かして出しの元入れて、具を煮て仕上げに味噌を入れる(お好みで味を調える)だけですから、他のおかずを作るのなら、平行してすぐ作れます。
まあ、具になるものや薬味のねぎなどを準備しておかなければならないという点はインスタントに比べてかなり面倒ではありますが、どうせ他のおかずを作るなら、その程度の材料をそろえておくのに手間はかからないでしょう。

まあ、出汁の元を使うならインスタントも同じじゃないかという意見もあるでしょうが、やはり完全な既成の味とは違いますし、具にバリエーションも出てきますしね。
そもそも、キャベツの芯とか野菜のきれっぱしとか、おかずに使った材料のあまりを効率的に使えるという点も、家庭の味噌汁の利点でしょうし。

とまあ、味噌汁について語ってみましたが、実はこういうことってほかにもいろいろあるんですよね。
手を抜くのは一般的に悪いことのように思われますが、気張りすぎて面倒になって一切やらなくなるくらいなら、適度に手を抜いて継続するほうがよっぽど良い場合も少なくないです。
特に日本社会では、とにかく手をかけることが良いことのように思われがちですが、時に手を抜くことも重要だという良い例ではないかと思います。
これは仕事でも勉強でもダイエットでも禁煙でも^^一緒だと思いますよ。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。