HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀行のオンライン取引セキュリティー比較
最近(といっても大分経つが)新生銀行のセキュリティーが強化され、乱数表が使われるようになりました。
これを期に、現状での各銀行(私が使っているものだけですけどね)のオンラインでのセキュリティーについて、比較してみたいと思います。

詳しくは続きで。
まずは、各銀行のセキュリティー対応のまとめです。
#余り頻繁に使わない銀行については微妙に間違っている可能性も有ります

新生銀行三井住友銀行三菱東京UFJ銀行(旧UFJ)
ログイン口座番号+暗証番号+ログインパスワード+乱数表(ソフトキーボード使用)オンラインバンキング用契約番号+ログインパスワード(ソフトキーボード使用可能)オンラインバンキング用契約番号+ログインパスワード
資金移動(振込み等)限度額までは制限なしで可能限度額以内でも基本は乱数表からの入力が必要(設定で有る程度変えられる)限度額以内でも乱数表からの入力が必要
限度額の設定変更制限無し(ただし変更するとメールが来る)乱数表のあらかじめ決められた部分(暗証カードを見ただけでは解らない)の入力が必要乱数表からの入力が必要(メールも来る)

ちなみに、乱数表というのは、セキュリティーカード/暗証カードなどと呼ばれているもので、クレジットカード大のものに、ランダムな数字やアルファベットが表形式で書いてあるものです。
これは契約者ごとに並びが異なるので、このカードを持っていない第三者が不正に操作することを防止できます。

各社の傾向や、上の表に書いていない点は以下のような感じですね。
・新生銀行
 元々は乱数表もソフトキーもありませんでした。
 当時はキーロガーを仕込んでしまえば、セキュリティーなどないも同然でしたね。
 現在はその点を改善しようと画策していて、まずソフトキーが導入され、次いで乱数表が導入されました。
 しかし、基本的に「ログイン時に不正アクセスをはじく」ことしか考えておらず、ログインしてしまえばあとはやり放題って感じです。
 また、ログイン時のセキュリティー強化は、残高を確認したいだけの時などの利便性を著しく低下させています。
 特に乱数表を毎回入力するのは最悪ですね。
 利便性以外の面でも、毎回入力しているとロガーで乱数表の全体を埋められてしまう可能性が増します。
 あと、オンラインバンキング時に口座番号(と支店番号)をそのまま使うのも難点ですね。
 口座番号は振込依頼なんかで他人にも教える可能性が有るものですから、ここも大きなマイナスです。
・三井住友銀行
 最も利便性と安全性のバランスが取れている感じです。
 オプションでワンタイムパスワードにも対応したりも出来ますし、振込時のセキュリティーレベルもある程度柔軟に設定できますし、カードでのATM利用限度額設定なんかも可能です。
 特に、乱数表だけに頼らず、重要な部分では乱数表のあらかじめ決められたマス(第三暗証:カード発行時に指示され以降は任意に変更可能)の入力が必要なため、暗証カードを落としてしまっても最悪の事態を防止できる(振込限度額を弄れないので)のは重要ですね。
 まあ、第三暗証の位置を忘れてしまうとカード再発行なのが難点(滅多に使わない第三暗証は忘れやすい)ですが、まあ自分の好きな位置にできるので、その辺はなんとかカバーできます。
・三菱東京UFJ銀行
 可もなく不可もなくって感じでしょうかね。
 まあ、これが標準的って感じです。
<おまけ>
・ろうきん
 中央労働金庫です。
 労働組合関連の信用金庫チックなところですね。
 ここは、自分で決める任意のID+指定されるパスワードでログインって感じです。
 乱数表はなく、振込なんかは二段階目のパスワードが必要ですが、限度額変更などはオンラインではできないようになっています。
 頻繁にパスワード変更を促す(頻繁に変えると忘れるのでどっかにメモる>セキュリティー低下)ところなんかも含めて、セキュリティー的にはダメダメですね。
・湘南信用金庫
 関東では比較的大手の信用金庫です。
 方式はUFJとほぼ同じですので、標準的ってところでしょうか。

結論です。
まず、新生銀行はダメダメなので、余り多量の資金をストックするのは避けた方が良さそうです。
ただ、新生銀行の魅力は、他行振込の手数料が無料(現在は回数制限あり)って部分です。
そのために、給与振込口座等にしておいて、まとまった資金は別の口座に振込で移動するってのが良さそうです。

三井住友銀行は利便性とセキュリティーのバランスが取れていますし、最高といえるレベルのシステムになっています。
ですので、メインバンクとして利用するなら、こちらをお勧めします。
まあ、コンビニATMのネイティブ対応がいまいちメジャーでないam/pmなのがネックですね。(Web通帳にするとかで他社コンビニATMも無料になります)

まあ、その辺は新生銀行(セブンイレブン&郵便局がネイティブに近い形で利用可)と美味く組み合わせればOKですかね。
給与振込を新生にして、まとまった資金は三井住友に移動ってパターンが安定していて良いと思います。

UFJに関しては、積極的に利用する価値は余りないですね。
まあ、無料で使えるコンビニATMが多い(セブンイレブン・ローソン)のは利点かもしれませんが、旧UFJと旧東京三菱でサービス等に違いがあったりと、解りにくいですし…
#私の場合は引き落としがUFJのみってところがあるので仕方なく作りました
スポンサーサイト

テーマ:ネットバンク - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。