HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「嫁」という呼称について
暫く超多忙でBLOGも放置状態でしたが、少し落ち着きました。
ここのところはPHP+MySQLで携帯サイトを作っていたので、折を見てその辺のTipsでもまた載せたいと思います。

で、今日は「嫁」という呼び方についてです。

最近関西系の芸人さんの影響からか、自分の妻のことを「うちの嫁が…」などと呼ぶ人が多くなりましたね。
しかし、この呼び方はどうにも気になるんです。

関西ではどうなのか知りませんが、関東では嫁と言うのは「息子の嫁」「兄嫁」など、自分の直系親族の妻のことを指す言葉です。
まあ、「嫁探し」など結婚前であれば、自分の将来の妻のことを指すような言い方もありますが、これとて余り本人自ら言うような言葉ではありません。

ですから、自分の妻のことはあくまで「妻」という呼称が正しく、それ以外なら「カミさん」「女房」などでしょう。

多分ですが、妻だと堅苦しいし、カミさんや女房はオヤジくさいというので、妥当な呼称が見当たらないから、「嫁さん」になったのでしょうが、私としてはどうにも気になってしまいます。
まあ、言葉は生き物ですので、定義や使われ方が徐々に変化するのは仕方ないのですがね。

同じように「うちの奥さんが」というのも変ですね。
「奥さん」というのは、一応敬う言い方ですので、本来は(他人と話している限り)身内に対しては使わない言葉です。
おどけて、尻に敷かれている風を出すために、「うちは奥さんが怖いから」みたいに言うのは良いと思いますが、普通に「奥さん」を妻をあらわす呼称として使うのはどうかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
同感
全く同感です、最近そういう呼び方が増えていたので気になっていました。
2008/04/18(金) 04:46:40 | URL | ばくてい #gEkua5uY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。