HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DS Lite充電器故障>修理?
ある夜、充電しておいたDS Liteを妻が使おうとしたら、ちっとも充電されていませんでした。
既に夜中ですし、当然電気屋は閉まっています。
そこで、私に下命です…
「直して!」

…まあ、カミサンには逆らえません。
まずは、問題が充電器側なのか本体側なのか切り分けです。
本体側だと取れる対策はかなり限られますが、充電器(ACアダプタ)側なら比較的どうとでもなります。

まずはACアダプタを電源に繋いだ状態で、テスターで端子電圧を測ります。
0V…
これで、原因がACアダプタなのはほぼ決まりですね。

次は、ケーブルの断線なのか、スイッチング回路の故障なのかを切り分けないとなりません。
DSのACアダプタは星ネジなので、回路故障だとちょっと厄介です。
そこで、端子間の抵抗(というか導通)を測ってみると、導通しています。
ということは、単純な断線ではありません…

ちょっと困りましたが、回路故障ならこのまま取っておいてもこのACアダプタは使い物になりませんし、ACアダプタを修理するくらいなら新しいのを買った方が安いでしょう。
ってことで、ちょっと思い切った策に出ることに決定です。

星ネジの頭をハンドドリルで削ってしまいました^^;
星ネジや三角ネジならドリルの刃がすべることも無く、ちゃんと真ん中を削れますから楽なものです。

で、蓋を開けてみると、ぱっと見に焼けたり割れたりしているパーツはありません。
怪しいのは電解コンデンサですが、予備の部品などありませんので、修理は困難です。

幸いケーブルは無事なので、DS用の特殊コネクタはそのまま使えます。
あとは5~6Vの電源をどうするか…

こんなときのために、使わなくなったACアダプタは取ってあるのですが、9Vや12Vばっかりでちょうど良いのがありません…
しょうがないので電池ボックスを繋いで単三電池4本(1.5*4=6V)でも繋ごうかと思ったのですが、物色していたら昔つかっていた携帯のクレードル(充電台)を発見しました。
(日本の3G)携帯といえば5Vです。
まあ、携帯用のACアダプタをばらしてしまってもいいのですが、そうすると携帯の充電に困る(いくつか余分はあるのですが、車用やら持ち歩きようやらで一応使っている)ので、DSのACアダプタに携帯のACアダプタが繋がるようにすれば良いではないかと思いつきました。

そうなれば話は簡単です。
クレードルをばらして、携帯ACアダプタのメスコネクタを取り出します。
(今回は面倒なので基板ごとカットしてしまいました)

そして、テスターで極性を確認しつつ、リード線をメスコネクタに半田付けします。

あとは、DS用充電ケーブルを元の基板から外し(このとき極性をちゃんと覚えて置きましょう。私が分解したのは黒:-、青:+でした)リード線と半田付けし、ビニールテープで絶縁すればOKです。
これで無事充電できるようになったわけですが、このままだとちょっと醜いですし、壊れ易いですから常用には向きません。
そこで、元のDS用ACアダプタのケースの、コンセントプラグがはまっていた溝(プラグが回転収納式なので、それを取ってしまうと溝だけ残る)に携帯メスコネクタを瞬間接着剤で貼り付けました。
あとは、ケースを元通りに組んで(ネジは削ってしまっていますが、つめもついているのでパチッとはめ込めば大丈夫です)出来上がりです。

これで、とりあえず急場はしのげました^^;
まあ、そのうちDS用ACアダプタも購入しますが、これはこれで携帯用の乾電池式充電器とかを使える(携帯用ならコンビニや100円ショップでも売ってますしね)ので便利かなと。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。