HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GUAM旅行
今年は、GUAMに行ってまいりました。
去年とは違って、マイルは使っていませんが、パッケージツアーではなく、航空券とホテルを個別予約しました。

なぜかと言うと、

1)以前オーストラリアに行った時のJALマイルが今年で期限切れになるが、北海道に行くのには微妙に足りない(どうせならスキーにでも行きたかったので)
2)パッケージツアーで飛行機の便を選べるものにすると、実際個別にとるのと値段は変わらないか、個別の方が安いくらいになる
3)ホテルの送迎で空港-ホテルは問題ない&グアムは何度か行っているので勝手も分かる

って理由からです。

以下続きから。
上記の通り、JALを使う必要があったので、今回はJALでまず航空券を予約しました。
パッケージツアーと違って、航空券を直接予約すると、座席を予め指定出来るのも良いですね。

微妙に出遅れたので、最前列とかは取れなかったので、後ろに余裕のある「ブロック内最後列」にしました。
すぐ後ろは客室乗務員が機内食とかを準備するブースです。
ちなみに、旅行間際に確認したところ、帰りの飛行機の機種変更(747>747-400)で座席レイアウトの変更があり、前後共に席のあるところになっていました。
たまたまチェックして気づいたので、修正しましたが、機種変更はメールとかでお知らせが来るわけじゃないので、この辺は要チェックですね。
まあ、そのおかげで帰りの便は個人TV付き機体になったので、結果オーライでしたけどね。

次にホテルですが、PICグアムと迷って、結局OnwardBeachResortにしました。
去年のSaipanWorldResortと同じように、ウォーターパーク併設のホテルです。
まあ、子連れのビーチリゾートならやっぱりこういった選択になりますね。

予約はWebページから日本語で大丈夫(そもそも日本資本のホテルみたいですしね)です。
ちなみに、5泊以上だと1泊無料だったので、今回もフルに7日間の行程です。
今年も、火曜日出発・月曜日帰着という微妙な旅程です^^;

今回も駐車場はUSAパーキング…にしようかと思ったのですが、同じ系列のGOGOパーキングにしました。
料金も内容もまったく同じなので、それなら多少でも高速出口に近い方が楽かなということで。
たまたまかもしれませんが、USA本体よりこちらの方が空いているような感じでしたね…
本体はいつ行っても、空港へのバスは数グループまとめてになるのですが、今回は我々1組だけでしたし、バスも15分くらい待ちました…

成田の出国手続きは、(ターミナルも違うので単純比較は出来ませんが)去年より荷物検査など楽になっていました。
去年は、航空会社のカウンターに行く前に、荷物の検査があったのですが、それがなくなっていました。
Webチェックイン済みなので、自動チェックイン機で航空券をプリントし、カウンターで荷物を預けるだけです。

飛行機はJALと言ってもJALWAYSの運行なので、海外エアラインと大差ありません。
客室乗務員もアジア系の外国人が大半で、チーフクラスに日本人のベテランが数人居るって感じですね。
とはいえ、曲がりなりにも一通り日本語が出来るひとばかりなので、その点は若干安心できますね。(まあ飛行機の中での英語などたかが知れているわけですが)
あと、アメリカ系のエアラインと違って、アルコール類が無料なのは(飲む人にとっては)良いですね。
機内食も、NWよりはましでした。(大人はパスタ。例によってチャイルドミールの方が豪勢です^^;)
ただ、NWと違ってブランケットは頼まないとくれませんでしたね。
飛行機の中は大抵かなり寒いので、半数以上の人がほしがると思うんですけどね。
それでも無条件においておくのとはコスト的に違いが出るんでしょうかね…

ちなみに、往路は747で個人TV無しの機体で、映画の上映もありませんでした。
朝早かったので寝ていたので良いんですけどね。
子供たちはDSでゲームをしていました。

現地には予定通りに到着しました。
ホテルの送迎は、空港にカウンターがあり、到着ロビーの税関を抜けた先に、(日本語も書いてある)案内看板があり、そのとおりに左に曲がってまっすぐ行った突き当り付近でした。
ちょうどカウンターが柱の陰になっていて見えないのですが、柱の手前に立て看板があるので、すぐ分かります。
そこで、名前を告げると、同便到着の人が集合するのを待って、送迎バスまで案内してくれます。
ただ、カウンターは税関出て左側の突き当たり、バスは右に行った突き当りですので、そこそこ歩かされます^^;

ホテルに到着すると、フロントに案内されますが、日本人スタッフが数人常駐しており、チェックイン及び施設説明などは全て日本語で受けられます。
ルームキー・島内バスの無料パス・朝食/昼食チケットをここで貰いました。
今回は、ウィング棟のオーシャンビューツインルームを予約していたのですが、ラッキーなことにウィングスイートにアップグレードしてくれました^^
こういったことはパッケージツアーだとなかなかないので、プライベート旅行の醍醐味ですね。
ちなみに、日本資本なこともあって、宿泊客の90%は日本人です^^;

ホテルの部屋ですが、スイートとはいっても最上階だってことと、部屋がリビングと寝室に分かれているってだけで、設備的にはそれほどでは有りません。
ウィング棟は結構古いようで、そこそこ綺麗にはなっていますが、水道関係の設備などはいささか古さを感じますね。

また、ホテルのサービスはいまいちで、2ベッドだとはいえ4人なのに、スリッパやバスタオルなどは2つしかありませんでした。(歯ブラシなどは4つありましたが)
最初の日にメモを残したのですが、この点は一向に改善されませんでしたね。
それどころか、石鹸がなくなっても補給されていなかったり、バスローブは交換してくれなかったりと、その辺はかなり悪印象です。
スイートだと、ルームクリーニングが午前と午後で二回来るんですが、そんなことより備品類の補給をしっかりやってくれと言いたいです。

ホテルの設備としては、部屋でインターネット接続は問題なく出来ます。(有線LAN)
ロビーには先ほど書いたように、日本語スタッフのコンシェルジュが夜中以外は常駐しているので、いろいろな質問・お願い・オプショナルツアーの手配などには便利です。
立地は、メインのホテル街からちょっと離れているのですが、GuamPremierOutletまで、ホテルの無料送迎シャトルバスがあります。
GPOは、おみやげ物やブランド物を買うにはちょっと…なのですが、フードコートやファミリーレストランがありますし、ABCstoreもありますので、ちょっとした買い物には便利ですね。
他にも、DFSのシャトルバスなんかもあるので、多少の待ち時間を苦にしなければ、買い物とかもものすごく不便って程ではないです。
ロビーには、DFSの出張店があり、チョコレートなどの定番お土産くらいならここでも買えます。
#まあDFSギャラリア価格ですので、けっして安くはないですけどね

あと、洗濯機+乾燥機は宿泊客は無料で使えます。
ただ、台数がそれほど多くないので、タイミングを見計らわないとなかなか空いてません。
洗剤は部屋にも用意されていましたが、上記の通りあまり補給されなかったので、去年買った旅行用の洗剤の残りを使いました。
まあ、水着を洗って脱水まで出来るので、毎日プールや海に入っても濡れた水着を着なくて良いのは助かりますね。

プールは、宿泊者専用のひょうたん型プール+ジャグジーが一箇所と、外部からも(有料で)入れるウォーターパークがあります。
ウォーターパークの方は、SaipanWorldResortのWaveJungleに比べると古い&ショボイ感じでしたが、波の出るプールでボディーボードが出来るのが特徴でしょうかね。
ただ、借りると1日$10もするので、2日以上使うのなら安いものを買ってしまった方がお得です。
国内で通販した方がやすいみたいですが、現地でもGPOのスポーツ用品店で$14で売ってました。
#結構子供用に購入している人を見かけました
うちでも、1日借りてみたんですが、子供は結構はまっていましたね。
スライダーは全部で4コースあって、浮き輪に乗るタイプが二つと、そのまま滑るのが2つです。
そのまま滑るタイプは、身長制限120cmで、結構監視員の目が厳しいです^^;
下の子は115cmくらいなのですが、きっちり止められました。
あと、マンタという(ほぼ)垂直落下するスライダーもあるのですが、これはかなり怖いです。
ちょうど、スケボーのハーフパイプみたいな感じのところを3人乗り(2人や1人でも可能)の浮き輪に乗って滑り落ちるのですが、最初の落下はほんとに垂直落下って感じですね。
ジェットコースター系が好きな人にはたまらないと思いますが、ああいうのが苦手な人は辞めて置きましょう。
浮き輪は流れるプールに「漂って」いるので、流れるプールを適当に散策しているとめぐり合えます。
でも、何でもキープしたがる日本人根性で、(禁止と張り紙してあるのに)シートのところに浮き輪をキープしているひとも結構居たりして、意外と競争率が高いです。
まあ、小さい子供用にはライフジャケットがあるので、浮き輪がゲットできなくても別に困りませんけどね。

ビーチは、入り江になっていて、かなり浅いリーフになっています。
入り江の中に、小さい島があって、潮が引くとそこまでほぼ地続き(ひざ下の水深で歩いて渡れる)になります。
ただ、浅いですので、海で泳ごうと思うと、場所を選ばないとひざとかを珊瑚に擦ります…
結構ぎざぎざ珊瑚が多いですので、ビーチシューズなどがあった方が良いですね。(ビーチハウスでも借りれますが)
ビーチハウスで、カヤックとかも借りれるので、そういうのを使ってもいいのですが、混雑時は結構で払ってしまいます。
ちなみに、無人島は周囲を歩いて一周できます。
海側は岩場っぽくなっていて、かなりでかいカニがうようよ居たり(人の姿をみると一斉に隠れますが、でかいので結構怖い…)します。
水は、サイパンのマニャガハ島などに比べるとやっぱり透明度はいまいちですね。
入り江で水の流れが滞ってしまうのでしょうがないでしょうが。
ホテルから見て、無人島の右わきくらいが若干深くなっていて、その辺に行ってエサ(定番ですが地元スーパーで購入した缶詰ソーセージ)を蒔けば、魚はかなり集まってきます。
ここは珊瑚が多いのもあって、魚自体は結構いろいろな種類が居ますので、シュノーケリングはそこそこ楽しめます。

ホテルのレストランですが、メイン・和食(鉄板焼き)・イタリアンと3つあります。
朝食or昼食つきだったので、メインレストランの朝食昼食は毎日利用しましたが、味はいまいちですね。
到着した日の夕食でも利用しましたが、夕食は同じ値段を出すならGPOまで行ってファミレスで食べた方がおいしい感じでした。
和食とイタリアンは結局利用しませんでしたので、味は分かりませんが、まあグアム・サイパンのレストランなんてどこも似たり寄ったりですからね…

以下、いくつか箇条書きに。

・ホテルのポリネシアンディナーショーは、早めに予約するとプールサイドのテーブルになるようです。
 波の出るプールのステージでショーを行い、テーブルは両サイドにあるため、プールサイドの席でないとショーは見難いです。
 料理はメインダイニングのビュッフェと大差ない感じですね。
 BBQなので、焼き立てを食べられますけど、炭火なのでショーを見ている間もずっと燃えていて暑かったです…

・水曜日はチャモロビレッジでお祭りっぽいイベントがあります。
 オンワードからだと、夕方までなら路線バス1本で行けますが、帰りはGPOまでのシャトル(路線バスと同じチケット[ツアー会社のチケットだと要追加料金]で乗れる)でGPOに行き、GPO-ホテル間のシャトルバスで帰る感じです。
 このお祭りは、屋台みたいなのが沢山出ています。
 内容は、中華やシシカバブ・BBQって感じですね。
 $6くらいのプレート買えば、普通におなか一杯になりますから、かなり安上がりではあります^^;
 でも、すごい人出だったので、疲れました…
 まあ、日本の夏祭りの縁日を思い浮かべていただければよろしいかと。

・GPO/マイクロネシアモールのフードコートは、どちらも入っているお店は似た感じです。
 マイクロネシアモールの方が数は多いですが。
 ファーストフードや軽食ならこのどちらかに行けば満足出来るでしょう。

・GPO敷地内には、スーパーやファミレスもあります。
 缶ジュースや缶ビールはスーパーで買えばかなり安いです。
 ファミレスは、KING'Sと、RubyTuesdayです。
 KING'Sの方に入ってみましたが、値段もお手ごろで量も十分ですし、結構美味かったです。
 ホテルのビュッフェよりはこっちの方がお勧めです。

・お買い物はDFSギャラリアや、その周辺ですね。
 ブランド物は、結局グアム内ならどこで買っても値段は一緒みたいです。
 日本の正規代理店で買うよりは、20~30%ほど安いみたいですね。
 並行輸入物の格安店と比較すると同じくらいかもしれませんが、一応偽者をつかまされる危険は少ないので良いんじゃないでしょうか。
 というわけで、ブランド物ならいろいろと便利なDFSで買うのがお勧めですね。
 お菓子とか他のものは、かなり高いので、ABCstoreなどで買った方がお得ですが。
 DFSへの往路は、タクシーを利用しても無料です。(たまにチップを要求する運転手も居ますが)
 復路はタクシーは使えないので、DFSのシャトルバスか、(チケットがあるのなら)路線バスを使いましょう。
 DFSの向かいには、いろいろなお店もあります(ABSstoreも)ので、お買い物ならDFS基点で行動すると無駄が無いですね。

・ホテルのオプションパックでイルカウォッチングツアーにも行きました。
 バスで15分くらいのところにある港から、ボートで出かけて入り江でちょろちょろ顔(背中)を出すいるかを遠くから見る感じです。
 以前、イルカウォッチングツアーがまだあまりメジャーじゃない頃にも行ったことが新野ですが、その時はもっと沖合いで、イルカの群と一緒に船で走る(イルカは船に併走して沢山ジャンプしていましたね)感じだったので、ちょっと期待はずれでした。
 おそらく、イルカが見える確率を上げるために、あまり活発に泳ぎまわっていないイルカの集まるポイントに赴くような感じに方針変更されたのでしょうが。
 その後、シュノーケリングして、バナナボートに乗って終了です。
 正直、これは値段ほどの価値は無いかな…

そうこうしている内に帰国日です。
帰りは、デフォルトでレイトチェックアウトになっていて、出発直前までホテルの部屋が利用出来るのは良いですね。
我々は夕方の便だったので、13:00チェックアウトだったため、午前中はプールで遊びました。
チェックアウトして、送迎の時間になったらドライバーに名前を呼ばれるので、空港まで送ってもらいます。

GUAMの空港では、まずチェックイン手続き(いつもそうなのですが、田舎空港ではeチケットだとWebチェックインなんて関係なく余計時間掛かりますね…)をして、その後預託荷物をX線検査場に運びます。(JALでは係員が運んでくれましたが、NWなどは自力で運んでいたようです)
ここで預けてしまえば、後は搭乗まで自由なのですが、X線検査で引っかかったらどうなるんでしょうね…
呼び出されるのかな?

搭乗前の手荷物検査は、グアムも米国なので厳しいです。
靴まで脱いで、電子機器は全て個別に出さないといけません。
それが完了すれば、あとは搭乗開始時間まで、最後の買い物をしたり食事を取ったりしてすごせばOKです。
空港内のDFS(ここもギャラリアですね)にも、ブランドショップは一通りメジャーどころはそろっています。
値段も上でも書いたとおり、島内どこも一緒みたいですので、面倒ならブランド物は最後の子のタイミングで買うことにしても良いんじゃないかと思います。

帰りの飛行機は、最初にも書いたとおり、機種変更になって747-400(テクノジャンボ)になりました。
機体が新しく、個人TV(MagicIIでした)がついているので、映画も見られてラッキーですね。
#これには簡単なゲームも入っていて、子供たちは今度はこのゲームとディズニーチャンネルを視ていました
私は、ナルニア(カスピアン王子の角笛)を視ました。
グアム-東京ではギリギリ1本なんとか見られるくらいですね。
機内食は、アナゴ飯でした。(これはまあまあだった)

ああ、書き忘れていましたが、ホテルのプールで遊んでいるときに、ファイナルアプローチのトラフィックパターンを飛んでいくF-22見ました^^
吸気音がなんか独特でしたね~
スポンサーサイト

テーマ:グアム&サイパン - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。