HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Routing and Remote Access(NATサービス) がなぜか開始できない
仕事の関係で、直接ネット接続できないPCをメインPCを通して接続しています。
そのためには、WindowsのデフォルトNAT機能をnetshから設定して使っているのですが、そいつは「Routing and Remote Access」サービスを利用します。

で、最近このサービスが「2147483720」なるエラーで起動しなくなりました…
暫く使わなかったのでほうっておいたのですが、必要に迫られていろいろ調べてみると、なんとau携帯のモデムドライバが原因でした。

au携帯のLismo対応のやつは、USBケーブルでPCとつなぐドライバが提供されているのですが、こいつをセットアップすると、携帯をモデムとして認識します。
ですが、常に携帯をPCに繋いでいるわけではないので、通常は外してありますよね。
そうすると、コンパネ>電源とモデムのオプション では「無効」と認識されます。

Routing and Remote Accessは、もともとモデム経由で接続してくるPCをLANに接続させるRASサービスとして作られたものなので、モデムがあると勝手にそのモデムを管理しようとします。
そこに、「無効」なモデムがあると、サービス自体が機動しないということのようです…

で、対策ですが、PCと携帯を繋ぐ必要がなければ、携帯モデムを削除してしまえば早いです。
でも、普通は使うからセットアップしたわけで…
次の対策は、一旦携帯を繋いだ状態で(携帯側でデータ通信モードを選びます)Routing and Remote Accessサービスを起動します。(繋いでおけばエラーは出ずに開始できます)
そうしておいて、ネットワークプロパティーを開くと、「着信接続」ってのが出現していますので、これの右クリック>プロパティーを開きます。
すると、「着信を許可するデバイス」のところにチェックボックスが並んでいますので、そこでチェックされているものを外しましょう。(もちろん必要なものがあれば残してください)
それでOKを押せば、次からは携帯が繋がっていなくても、エラーが起きずに立ち上がるはずです。
スポンサーサイト

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。