HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パロマ給湯器の故障
家についているパロマの給湯器が651エラーってのを出して止るようになってしまいました。
お湯を長く出していると止ってしまうけど、短時間なら大丈夫って感じです。

パロマのサポートに聞くと、まずは電源(給湯器本体のコンセント)を10分くらい抜いてリセットしてみろとのこと。
で、早速やってみましたがこれでは治りませんでした。

もう一度TELすると、水量調整用のモーターの故障の可能性があると言うことで、修理することになりました。
お湯の温度調整をするために水と混ぜるわけですが、その時の水の量を調整するバルブを動かすサーボモータらしいです。

まあ、故障では部品交換しかないでしょうし、一般的に入手出来るようなもんでもないので、頼むことにしました。

作業自体は30分くらいで終わり、料金は部品代+出張費+技術料で23,520円でした。
1万円くらいだと予想していたので意外と高かったです。
明細を見ると、部品代だけで15,000くらいだったので仕方ないですけどね。
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
参考になりました
ありがとうございました
2010/07/01(木) 08:40:51 | URL | 通りすがりのシゲル #yl2HcnkM[ 編集]
Re: 参考になりました
お役に立てたようで幸いです。
これからもよろしくお願いします。
2010/07/01(木) 12:02:17 | URL | B-51 #NSULs8mg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。