HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows Live Essentials 2011
Windows Updateで、Windows Liveの更新パッケージ「Windows Live Essential 2011」が配信されたので入れてみたんですが…
結論から言うと、ダメダメでした。

●Windows Live Mail
Windows7でのデフォルトメーラーですが、これもバージョンアップされます。
メールがスレッド表示されるようになったのと、カレンダー+当日の予定がメール画面にも表示されるようになったのはいいのですが、

・テキスト形式のメール作成画面のフォントを変更できない
(よって、半角文字が全角文字の1/2幅にならないので、テキスト修飾がまともに使えない)
・返信したときの引用文に引用マークをつけられない

という決定的な問題があります。
これでは、メーラーとしてまともに使えません…

まあ、前者はなんとか我慢できないこともないですが(HTML形式を使うという手もありますし)、後者は決定的ですね。
別途クリップボード制御ツールとか使えばできないことはないですが、そんな面倒なことしていられません。

マイクロソフトはいったい何を考えているのか理解に苦しみます。

●Windows Live Messenger
これも、表示名がプロフィールで入力した氏名に固定されちゃいます。
今までは、自由に変更できたのですけどね…
メッセンジャーもバージョンアップするたびに使いにくくなっている印象が強いですね…

他は試していませんが、とりあえずこの二つは旧バージョンのほうがはるかに使いやすいです。
結局いったんアンインストールして、旧バージョンを入れなおしましたよ…
IEみたいにアンインストールしても自動的に旧バージョンに戻りませんので面倒でしたけどね。
スポンサーサイト

テーマ:パソコン豆知識 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。