HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法少女まどか☆マギカ
魔法少女まどか☆マギカの考察です。

まず、感想ですが、かなり良かった感じですね。
震災で放送休止になった時はこのまま尻切れになるのではないかとドキドキしましたし、1話時点では絵があんまり好みでないこともあって視るのやめようかとも思ったのですが、近年まれに見る良作だったかなという感じです。
ちなみに、10話以降は瓦礫化する都市に浸水までしているので、まああれは放送できないなという感じでしたね^^;

考察は後に書きますが、とりあえず理屈に明確な破たんがないこと(時間が絡むとそういうのは多い)、何の救いもない終わりでないこと、かといってむりくりな大団円でもないことが大きいですね。

まだ未見のかたにはぜひともお勧めしておきたいと思います。

では考察になりますが、いつものようにネタバレがあるので、続きから。
とりあえず、考察スレまとめに(現時点で)ない部分を。

・魔女とは
作品中では、ソウルジェムが濁り切った時点で魔法少女が魔女になることは語られています。
魔力の使い過ぎ以外にも、本人が絶望することでソウルジェムは濁るようですね。
あと、使い魔が成長して…ってパターンですかね。

ただ、それだと最初の魔女が生まれないことになります。
最終話でまどかが変えた宇宙では、魔女が生まれなくなった代わりに魔獣なるものが生まれるようになっているようなので、魔法少女のなれの果てという以外にも魔女が生まれる可能性はあるのかもしれませんね。

まあ、歴史上の偉人(のうち女性だった者)は実は魔法少女だったみたいな話もあったので、昔は魔法少女の力を魔女を退治すること以外に使わせていたのかもしれませんが。
その場合、魔女は魔法少女のなれの果てと使い魔から進化したもののみであるという考え方もあり得ますね。

・魔法少女になるときの願い
最終話でまどかが魔法少女化するときのキュウべえ(以下QB)の言では、その人物の願いの強さというか他人から受けている期待の大きさなどで、かなえられるレベルに差があるような感じですね。
大きなリビドーや期待がなければ、かなえられる願いの程度はそれ相応にしかならないということでしょう。

QBを派遣している異星人の作ったシステムは、少女が魔法少女になるときのエネルギーを本人の願の成就に使い、絶望して魔女化するときのエネルギーを自分たちで利用する(もしくは宇宙を支える)ために使うという感じでしょうか。

・QBは残酷か?
本人も言っているように、別に残酷ということではないのでしょう。
QBはまああくまで端末にすぎないという形なわけですし、彼を派遣している異星人も、地球人を卵を産みつづける雌鶏のように扱っているだけですね。
鶏としては卵は知らないうちにかすめ取られていくし、卵が産めなくなれば殺されるかもしれないけど、その代り厳しい生存競争にさらされないみたいな感じでしょうね。
まあ、感情がないという面もあるし、論理的に言ってトレードオフなので引け目は感じていないということでしょう。

ただ、いずれ魔女化する可能性が高いことを伏せているのは、フェアではないとは思います。
もちろん、そんなことを話してしまえば魔女化する前に自殺する魔法少女が多いだろうとか、そもそも契約を躊躇するだろうとかいろいろ理由はあるでしょうけどね。

それと、最初に書いた魔女が自然発生するのかどうかでも、ここは大きく変わってきますね。
もし、魔女が自然発生するのであれば、魔女に対抗できるのは魔法少女だけなのですから、トレードオフがあるとはいえQBは地球を守る手助けをしていることにもなります。
その結果として魔女が増えるとはいえ、ほっといても生まれるならそれによって滅びるよりは、負のスパイラルだろうが人類にとっては必要悪ということになるでしょう。

・なぜ少女だけなのか?
QB自身が、思春期の女性はとりわけ感情のエネルギーが強いというようなことを言っていましたが、それだけが理由ではないような気がします。
最終話(のひとつ前かも)では、まどかの潜在能力について、「一国の王や英雄などでもない普通の少女が…」みたいな話をしていましたし、ほむらが時間を繰り返して並行世界の希望をつないだ結果とかいった話もしていました。
そうすると、少女じゃなくても、民衆の期待を一身に受けている英雄的な人物であれば、エネルギーとしては申し分ないはずですね。

でも、少女しか選ばいのはなぜかと言えば、それはひとえに「簡単に絶望するから」でしょう。
普通の大人は、悲惨な状況にも耐性を持っていますから、そんな簡単に心が砕けることはありません。
少なくとも、さやかみたいに色恋沙汰くらいで魔女化するほど追いつめられることはないわけです。
#体と魂が分離されたといったって、別に「恋愛できない体」と決めつけることはないですからね…

QBとしては、さっさと魔女化してくれないとエネルギーが回収できないので、絶望しやすい対象としてまだ精神の未熟な思春期の人間、それも感情の起伏が比較的激しい女性を選ぶということでしょう。

・ほむらはほかのみんなの協力を得られない定めなのか?
ここから先は考察というより疑問になります。
まずはこのほむらの定めですが、3週目ではQBの陰謀について説明するも、みんな信じてくれず失敗に終わります。
でも、これは絶対ではなさそうです。
3週目の時点では、「そんなことをしてQBに何の得があるの?」って部分に答えられなかったわけですね。
これに十分な回答を用意できている状態(4週目ではまだ十分ではなく、5週目以降ならなんとか)ならば、説得もうまくいく可能性は否めないでしょう。

まあ、もともとほむらは対人恐怖症の気があって、あまりコミュニケーションをとるのは得意ではないようですから、(3週目までは引っ込み思案、4週目以降は他人とかかわらないようにしている)3週目で誰も信じてくれなかった時点で、説得は早々に諦めてしまっただけかもしれませんけどね。

・ワルプルギスの夜はグリーフシードを落とさないのか?
もし、ワルプルギスの夜がフリーフシードを落とすのであれば、3週目で何とかこれを対峙したまどかとほむらは両方助かったことになるはずです。
まどかは一つグリーフシードを隠し持っていた(さやかまじょの物だという説が濃厚)わけで、もう一つあればほむらのソウルジェムも回復できたわけですからね。

4週目でもグリーフシードが落ちるのであれば、一撃でワルプルギスの夜を葬ったまどかは魔女化せずに済みそうなものです。

これについては、上の方で考察した、魔女の自然発生説を絡めると理屈が通るような気もします。
例えば、自然発生した魔女はグリーフードを落とさず、魔法少女から変化した魔女と、その使い魔が進化したものはグリーフシードを落とすといった感じですね。
つまり、この二つは魔女と言っても別物だと。
そう考えると、ワルプルギスの夜の特殊性(結界に隠れなくても平気、物理的に実社会への破壊をもたらす)も理屈が立つことになりますね。

グリーフシードの大元がソウルジェムだとすれば、この説明も成り立ちそうですね。

他には、ワルプルギスは強力すぎるので、これを倒すには圧倒的な破壊力をたたきつけるしかなく、その結果グリーフシードも一緒に消し飛んでしまうor吹き飛ばされて所在が分からなくなってしまうとかですね。
まあ、どっちかというと上の説のほうが妥当そうな気がします。

・ほむら一人ではワルプルギスに勝てない?
実際に戦って勝てていないわけですが、二人いれば辛勝できるわけです。
で、ほむらの攻撃力は基本的に物理攻撃のみです。(紫色のビームっぽいものを出しているような場面もありますけど、メインは銃器や爆弾)
となれば、いっそのこともっと強力な兵器を使えば倒せたんじゃないかと思ってしまいますね。
5週目では無数のロケット弾とかは使っていますが、いっそのこと核ミサイルでも使うとかね。
まあ、それでは街ごと破壊してしまう=まどかも死んでしまうかもしれませんけど。

これができなかった理由として考えられるのは、まずは高度な兵器はほむら自身が使い方を知らないというものでしょうね。
ロケット弾とか爆弾くらいなら、そう構造が複雑ではないので簡単に使えるでしょうが、核ミサイルとかとになると、セキュリティーを解除するだけでもそう簡単にはいかないでしょうし、戦車などはでかすぎて四次元ポケット^^;に入らないとかいったことも考えられますかね。

次にありそうなのは、ワルプルギスは物理攻撃だけでは倒しきれないというもの。
1週目では相打ちながらもまどかだけ(途中まではまみも参戦)、2週目/3週目ではまどかとほむらの力だけで倒していますし、この時点ではまどかの力はそこまで強いものではないはずですから、総合戦力として5週目のほむらより強力ということは考えにくいかと思います。
それでも倒せるとすれば、ほむらの物理攻撃+攻撃系魔法少女の魔法攻撃なら倒せるって感じなのかもしれませんね。
もしくは、ワルプルギスには物理攻撃はほとんど効果が無く、魔法攻撃一択で倒せる(ほむらは戦力外)とかでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。