HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワイヤレスマウス
前に使っていたエレコムの有線マウス(7~800円で購入した物)のホイールが利きにくくなってきたので、新しいものを買うことにしました。
分解してホイールセンサー部分をいじくっていると復活したりするのですが、頻繁におかしくなるので面倒になってきました…

で、ヤマダ電機でまた千円切るくらいの物でも買おうかと思ってみていたのですが、最近はワイヤレスもだいぶ安くなってきていて、エレコムやBuffaloの廉価モデルは1,280円とかでした。
千円以下の有線モデルもあったのですが、ある程度名の通ったメーカーの物は980円とかでしたし、それより安いのはあまり聞かないメーカーの物だったので(そういうマウスはホイールが妙に固かったりして使いにくい)それならと、エレコムのM-DY5DRってのを選びました。

早速、使用感ですが、まず単4電池2本式ですが、エネループで問題なく動いています。
レシーバーをUSBポートに刺すと、ドライバは勝手に入ります。(Windows7:HID標準マウス)
もしかしたら不要だったかもしれませんが、私はその後ID設定(レシーバーのID設定ボタンを押して、すぐにマウス側のID設定ボタンを押す)をやりました。
とりあえずこれだけで普通に利用可能な状態になります。

操作自体の感覚は普通のマウスと何ら変わりない感じですね。
2mくらい離れるとだいぶ動きがシブくなりますけど、普通にデスク上で使う分には問題ない感じです。
ただ、ちょっとマウスを動かさないでいると、省エネモードに入るようでマウスを大きく動かすかボタンやホイールを操作しないとカーソルが動かない状態になります。
これがちょっと使いにくい感じですね。

この辺の動作を設定できるといいんですけど、設定はできないみたいですしね。
今のところまだ2日しか使っておらず、電池は一度も充電していませんので、設定で省エネモードに入るまでの時間を延ばせたらそのほうが使いやすい感じなのですが。

もしくは、タッチセンサでも搭載して、マウスに手が触れると省エネモードから復帰するとかしてくれるとベストなんですけどね…
静電容量式のタッチセンサくらいならさして金もかからないでしょうし。
#まあもうちょっと高いモデルには付いているのかもしれませんけど

あと、電池の分だけ重いので、有線マウスから持ち替えたばかりだとちょっと違和感を感じます。
もっともこれは仕方ないでしょうし、慣れの問題でどうにでもって感じですね。
欲を言えば、無線給電で…なんてできれば一番いいのでしょうけど、そうなるとマウスパッドに電源を繋ぐみたいな話になってくるでしょうしね。

##追記##
その後使い続けていくと、5日ちょっとくらい(仕事に使っているので毎日10時間くらいは使います)で電池警告が付きました。
最初に書いたように単4エネループでの場合ですけどね。
合計4本を交互に使っている(2本セットで利用してなくなったら充電していた2本と交換し、無くなった電池は充電しておく)のでさして問題は感じません。

上で書いたミニスリープが結構ウザいのですが、重さは慣れました。
ケーブルがないので引っかかったりしてストレスを感じることがないのはいいですね。
スポンサーサイト

テーマ:マウス - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。