HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年第3クールの深夜アニメ & 第2クールおさらい
前回に引き続いて2011年7月からの第3クールのアニメのベスト5です。

1位:神様のメモ帳
自称ニート探偵の女の子とその仲間たちのもとに半ば無理やり引き込まれて、都会の若者の心の闇とそれに伴う事件に立ち向かっていく主人公のお話ですね。
いろいろ奥も深そうですし、結構楽しめそうな感じです。
絵もきれいですしね。

ちなみに、最近のアニメで男子中高生が主人公の場合は、大抵本人は「ワトソン君」的な役割ですよね…
強力な個性と行動力を持つヒロインに振り回され、口では文句を言いながらもいつの間にか仲間になって大きな目標に向かっていく…みたいな。
もしくは、ヒロインの方にスーパーパワーがあって、主人公はそのヒロインの能力を引き出すカギだったりとかね。
最近の草食系男子の願望なのでしょうかね。

まあ、個人的にもそういう受動的に事が運ぶ、かつ「普通ではない」世界ってのに魅力を感じるのはわからないでもないですけどね。

2位:うさぎドロップ
突然親戚(爺さんの隠し子?)の子供(幼女)を引き取る結果となってしまったお兄さんのお話です。
日常系の話ですね。
前にも書いた通り、最近こういうのがツボです。

特にこの話は娘の小さかったころを思い出しますし、ヒロイン?のりんのけなげな感じがまたツボですね。
娘さんのいる人には特におすすめです。
若い人にはちょっと退屈かもしれませんが。

3位:ダンタリアンの書架
GOSICKに似た感じの雰囲気ですね。
まあ、魔力を持った本のお話なので、あくまで科学的であったGOSICKとはちょっと違いますが、雰囲気がね。
時代設定も近代ですしね。

4位:夏目友人帳 参
今までのもほのぼのとしていて、泣ける話もあって、ギャグ的要素もあってと面白かったので、これは安定して面白いだろうと思います。
ただ、ちょっと主人公の成長が無さすぎるかなって気もしないでもないですね。
まだ始まったばかりなのでアレですが、このままいくようだと少し飽きが来るかじれったくなる科かもしれません。
特に周囲への気の使い過ぎな感じがね…
今回は夏目君の(内面的)成長というか、過去のトラウマからの脱却を望みますね。

5位:神様ドォルズ
カカシと呼ばれる神器(といっても超古代文明の作ったロボットみたいな感じですが)とそれを操ることを宿命付けられた若者+少女のお話と言った感じです。
いろいろ謎要素もありそうですし、単純なバトルものには終わらないだろうという感じで期待しています。

次点:異国迷路のクロワーゼ
ほのぼの系ですね。
日曜の朝にやっていても良いような内容ですが。
なぜ深夜枠なのかはちょっと疑問です。
惜しくもランク外になってしまったのは、「このままのノリでずっと続くのか?」って言う感じがしてしまうからです。
現状では、明治維新直後or直前位の日本からフランスに来た少女と、彼女の面倒を見ることになった看板職人の日常劇的な形ですが、このまま特に山場ができないようだとちょっと退屈になりそうな感じですね。
看板屋の入っている商店街(ギャレリ)がつぶれそうだということで、その再建がおそらく鍵になってくるのでしょうが、それだけで話が続くのかって感じもしないでもないです。
ちょっと先に不安を感じるので、次点としました。

次点:輪るピングドラム
こっちは逆に今のところ先が見えないというか、謎だらけなので評価不能な感じです。
まあ、雰囲気はそこそこいい感じなんですけどね。
これはもしかしたら化けるかもしれません。

今後に期待:BLOOD-C
神刀を持って化け物と戦う女の子のお話ですが、今のところ日常と化け物との戦闘だけで、先が見えません。
原作やそれに基づいたアニメ・映画などがあるようですが、そっちも視ていないのでわからないのですが、このままバトルが進む&ちょっとしたなぞの解明があるくらいだと退屈かなという印象です。
奥の深さが出てくると面白くなるかもしれません。

今後に期待:NO.6
現在の社会秩序が崩壊したのちの、管理社会によって復旧を果たした未来都市のお話ですね。
いろいろ伏線があって…というのはわかるのですが、ちょっとチープな印象がぬぐえず、いまいち興味がわいてきません。
面白くないってことはないのですがね。
これも今後奥の深さが出てくれば…って感じですね。

今後に期待:セイクリッドセブン
正統派ヒーローものにメイドと執事を付けましたみたいな感じですね。
仮面ライダー的なのりです。
これの場合、主人公は男子高校生ですが、最初に書いたような草食系ではないですね。
まあ、積極的に事態に関わる様に引っ張ったのはやっぱり女の子ですけど^^;
これも、このままバトルが進行するだけだとちょっと…って感じですが、奥の深さが出てくればって感じですね。

第2クールのおさらいは「つづき」から。
さて、前回挙げた第2クールのおさらいです。

1位→3位:花咲くいろは
継続しています。
ちょっと飽きが来始めたかなという印象もあって、少し興味が薄れましたが、まあそこそこ良いことには変わりありませんね。

2位:へうげもの
こちらも継続しています。
本能寺の変を迎えて混乱期に入っていく感じですね。
主人公の佐助主体から歴史全体の動きに軸足がちょっとシフトしている感がありますが、やっぱり面白いですね。

3位→1位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
終わりました。
これは良かったと思います。
現時点では順位アップで1位と言っていいかもしれませんね。
まあ、最終話の幕引きはちょっと卑怯かなと思いましたが、涙が止まりませんでしたしね…

4位→5位:デッドマン・ワンダーランド
こんなところで終わっちゃうのかっていうような中途半端な感じですね。
まあ、第二期を作る予定なのかもしれませんが、どうせなら2クールくらいは通しでやってほしかった感じです。
ちょっと痛そうなシーンが多すぎるのがたまに傷でしたが…

5位→ランク外:C - The Money of Soul and Possibility Control -
結局バトルのルールはいまいちはっきりしないままでしたし、設定的なものもあまり明かされずですし、結局同じことの繰り返しなのか?ってラストでしたし、ちょっと不完全燃焼ですね。
もうちょっと時間を掛けてゆっくりやるような話じゃないのかなって感じですし、無理にバトルものにしなくてもよかったんじゃないかという印象です。

次点→4位:シュタインズゲート
継続しています。
話が進むにつれて、ウザかった言葉づかいも結構普通になってきましたし、いろいろ設定の深みも出てきていい感じになってきました。
ただ、タイムトラベル物は設定をリアル方向に持っていこうとすればするほどパラドックスが際立ってきてしまうのは否めないので…
一応世界線の乗り換えということで、並行世界的なものを想定してあからさまなパラドックスは避けようとしているようですが、それも微妙な感じですね。
まあ、リアル指向ではありますが、あんまり深いことを考えずに、SFミステリー的な感じで楽しむべしって感じですかね。

番外→番外:日常
継続しています。
変わらず面白いですね。

<高評価>:GOSICK -ゴシック-
最後はちょっと無理やり感がありましたが(ブロア公爵とかあっけなく死んじゃうし、ブライアン・ロスコーもお母さんも死んじゃうし、なぜか都合よくヴィクトリカの髪が銀髪になったり)まあ概ね面白かったですね。
投げっぱなしでも、悲劇の結末でもなく、犠牲は大きかったとはいえ、一応のハッピーエンドでしたし。

ちなみに、ヴィクトリカの銀髪は、追っ手をごまかすために脱色でもしたのかと思ったのですが、偶然だったのでしょうかね…
スポンサーサイト

テーマ:アニメーション - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。