HeavyBommer@blog
時事ネタ、コンピュータ、家電、プログラミング等々、思ったこと/考えたこと/提案/使用レポ/Tipsなどを思いついたときに書いてゆきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄離島
今年は石垣島、去年は久米島に旅行に行きましたので、それぞれの島+オプションで行った周辺の島の情報を軽く書いておきます。
なお、どちらもニーズツアー利用でした。

・石垣島(2011年)
行きはJTAの直行便(B-767)で、帰りは那覇経由でした。
どうでもいいことですが、JTAのCAさんは若くてかわいい(美人というべきか)人が多い印象ですね。
JALやANAの国内線CAは年季の入ったオバサマ方が多かったりといった印象になってきているのですが。
CAさんのサービスもよい(まあこの辺は飛行機が小さいので、気を配りやすいって面もあるでしょうけどね)気がします。
もともとレンタカー付きのツアーだったので、空港に着くとレンタカー業者の車に乗って営業所まで行きます。
今回はトヨタレンタカーで、空港から車で5分かからないくらいの距離でした。
免責保証が別だったのでそれに加入(5日間で5千円程度)して、そんなにぼろくないVitzを借りました。
ナビ付き(全車ナビ付きみたいですね)なので、ホテル名を入れて目的地設定して、とりあえずホテルに行きました。
ホテルはフサキリゾートで、コテージタイプのホテルです。
建物は若干年季が入っている印象でしたが、掃除などはきちんとされていますし、設備も普通のホテル並みではあります。
サービスもそれなりによかったので、及第点ですね。
なお、ロビーに無線LAN、有線LAN(1本のみ)、無料で使えるPCが2台あります。
部屋ではネットは使えませんが、ロビーに行けばOKです。
備え付けのPCはブラウザが古かったりFlash対応していなかったりで、モバゲーやりたいカミさんは不満のようでした。
無線LANはWindows7だとWPSで自動設定(親機のボタンを押すだけ)で設定できました。
ただ、FONルーターと普通のBuffaloのルーターがあって、その辺ちょっと混乱しますけどね。(どっちのSSID使えば良いのか)
とはいえ、コテージタイプなので、部屋によっては往来から部屋の中が丸見えになるケースもありますし、オーシャンビューではないので、その辺はやっぱり普通のホテルの方がいいかなとも思います。
小さい子供がいる場合などは、多少暴れても下階に迷惑をかけないという意味では良いかもしれません。
プールは小さめですが掃除は行き届いている感じですし、あまり数が豊富とは言えないながらビーチチェアとパラソルもあり、昼間は監視員もいます。
ただ、プールの水はほとんどお湯になっていましたけどね^^;
タオルはビーチハウスで部屋番号を告げれば借りられます。
ビーチに設置されているビーチチェアは有料みたいです。
ホテルのビーチは遊泳区域がネットで囲われています。
ハブクラゲの危険があるので、注意(ネット内でも完全には防げないとのこと)という紙が部屋に置いてありましたが、特に見かけることはありませんでした。
ホテルビーチの水は若干にごり気味な感じで、透明度はそこまで高くなかったですが、多少深いところまで行くとカクレクマノミがいる岩礁があります。
海に向かって右側のブイが浮いているところで、深さは3~4mってところですかね。
また、ここはウミガメが産卵に来るそうで、運が良ければウミガメの産卵などを見られるそうです。
我々はたまたま、ウミガメの赤ちゃんの放流に遭遇しました。
ホテルの人なのかどうかわかりませんが、人工ふ化させた子供を放流に来ていたそうです。
レストランは3つで、和食・グリル・洋食(バイキング)があります。
あと、居酒屋があってそこでも簡単な食事ができます。
グリルは普通な感じでしたが、和食レストランは結構おいしかったです。
お値段も結構なもの(1人5千円以上)ですけどね^^;
居酒屋はまあ味は悪くないですが、夕飯時は店員さんが追い付かない感じで、注文の品が出てくるまでにかなり待たされるのが難点です…
なお、車がないとホテル外での食事や買い物は厳しい立地ですね。
中心街(港付近)からは車で20分程度離れていますし、最寄りのコンビニまでも10分くらいです。
現地では鍾乳洞、シュノーケリング、竹富島観光、西表島観光、ドライブとやりました。
鍾乳洞は初日のチェックインを待つ間に行きました。
石垣島鍾乳洞っていうのと、八重山鍾乳洞という別の鍾乳洞があります。
鍾乳洞としては石垣島~の方がまとも&メジャーで、八重山~の方は動物が(少し)視られるというおまけがつく位です。
うちもパンフレットを見て石垣島~の方を目指していたつもりだったのですが、フサキリゾートからだと先に八重山~の方があって、てっきりこれだと思って入っちゃいました^^;
ちなみに、「実は鍾乳洞同士奥で繋がってるんじゃね」ってくらい隣接しています。
まあ、来ちゃったものは仕方ないですし、どうせ鍾乳洞なんてどっちも大差ないだろうということでそのまま八重山~に入りました。
まず動物の「点在」するエリアを歩いて回りますが、オウムやらリスざるやら山羊やらニワトリやらがいる程度で、看板だけでいない動物(ワラビーとかウサギとか)もちらほら…
施設の人もなんかやる気なさげでしたし、設備も老朽化して放置気味…
あんまり積極的に行きたいところじゃないですね~
鍾乳洞の方は受付の建物から車で少し言ったところにあって、こちらも係員などおらず適当に入るだけって感じでした。
構造を理解していればただで入れちゃうよな…って感じですが、まあ二度来るような人はまずいないでしょうから良いんでしょうね。
鍾乳洞の方は結構まともな鍾乳洞ですが、人が我々家族だけですし、通路の照明が届かない先は完全なる闇・闇・闇…、結構怖いです。
洞窟探検家などは、良くこんなところに入っていくよな~なんて思いつつ、鍾乳石などを見ながら往復するだけって感じですね。
次に、シュノーケリングですが、石垣島にはマンタポイントというのがあって、そこでは高確率でマンタに会えるということ。
そのツアーを予約したんですが、あいにくの台風接近で波が荒い(島影だとそうは思えないのですが、まあ船頭さんに従うしかないわけですしね)とのことで、単なるシュノーケリングツアーとなりました。
まあ、差額は返金してくれたので良いのですけどね。
ちなみに、シュノーケリングポイントは、色とりどりのさんごに魚…と今まで見た中で一番きれいでしたね。
グアムやサイパンなども魚は結構いるものの、サンゴがみんな地味な物ばかりなのですが、ここはサンゴが本当に色とりどりで、絵に描いたような「サンゴ礁」って感じでした。
これは金払っていく価値があります。
ダイビングならおそらくもっときれいなのでしょう。
最後に、島内ドライブですが、最終日の午前中を利用して島内を一周してみました。
あんまり、石垣島内はそれまで見ないで過ぎていたんですが、北の方に行くとマングローブのしげる湾があったりと結構きれいでした。
これなら初日も鍾乳洞じゃなくて川平湾に言っておくべきだったと後悔しましたが…
石垣内のいろんなビーチに行ってみるのもよかったなーという感じですね。
また、島の内陸部の方には農園が点在していて、マンゴーやパイナップルの直売所もいろいろあります。
途中でマンゴーを買ったのですが、これは本当においしかったです。
今まで食べたマンゴーが比べ物にならないくらいでしたね。
わざわざ取り寄せて食べても損はないくらいでした。
最後に、港の方の情報です。
港の周りが中心街になっていて、いろんなお店があります。
ただ、船に乗るときは駐車場があまり広くないので注意しましょう。
昼前位だと満車で入れません。
送迎無料のオプショナルツアーの場合は、車があっても送迎を頼んだほうがいいと思います。

長くなってきたので残りは続きから。
RDPでのAdministratorアクセスを殺す
自宅のPCを外からWindows RDPでリモート操作できるようにしているのですが、この前飯を食っている隙にアタックを受けてしまいました。
Adminisitratorで入られて、危なくウィルスファイルを送り込まれるところでした。
まあ、セキュリティーソフトがブロックしている間に席に戻って止めたんでよかったんですが。

で、いろいろセキュリティー対策を掛けているんですが、そもそもRDPではAdministratorでログオンできないようにできない物かと考えました。
アカウントをロックしてしまうという方法もあるようですが、これだと何かの時に不便(まあセーフモードならロックアウトは無効になるようですが)なので、RDPからAdministratorでアクセスされた場合に自動ログオフするスクリプトを作ってみました。


「PARAM = 」の先は、PCのIPアドレスとRDPの待ち受けポート番号(特に変えて無ければ3389のままでOK)です。
このスクリプト(XXX.vbsで保存)をスタートアップにでも突っ込んでおけば、RDPでアクセスした場合はそのままログアウトされます。
ただ、一瞬DOS窓が開いてしまうのと、スタートアップで動いたスクリプトをすぐに止められたりすれば防げないという面はありますけどね。
とはいえ、5秒待機するだけですし、ウィンドウが出るわけでもないので、事前に準備されていなければそう簡単に止められることはないと思いますけどね。
少なくとも、手動ではまず止められないかと。
#Windows9xの頃はShiftキーを押しながらログオンするとスタートアップが実行されなかったのですが、Windows7ではそういう機能はないみたいですし

あと、PCをローカルで使っているときだけRDPを停めてしまうという手も有効でしょう。
システムプロパティーのリモートタブでいちいち設定変えても良いのですが、以下のようなバッチファイルを作っておけば、ダブルクリックするだけで止められますし、再起動すれば勝手に復帰します。
net stop "PlaceEngineService"
net stop "Remote Desktop Services UserMode Port Redirector"
net stop "Remote Desktop Services"
再起動させずに復帰させるならこんな感じです。
net start "Remote Desktop Services"
net start "Remote Desktop Services UserMode Port Redirector"
net start "PlaceEngineService"
ちなみに、Remote Desktop Services UserMode Port Redirectorってのは勝手に起動するみたいなんで、2行目は無くても平気ですが、一応入れてあります。

ほかにも、一般的な対応として
・Administratorアカウントに十分に長くて複雑なパスワードを設定する
・Administratorアカウントの名前を変えてしまう(Win7ではコンパネからは変えられないので、「ファイル名をしてして実行」から「control userpasswords2」)
・RDPのリスンポートを変える(ルーターで変えられるならそれが簡単、ルーターでポート番号の変換ができない場合は、レジストリを弄って変える)
といった対策はできれば取っておいたほうがいいでしょうね。
#これらはちょっと検索すれば出てきますので、やり方は検索してみてください
IPアドレス帯域→正規表現変換
ケータイ向けのWebページを作っている場合、前に書いたように、IPアドレス帯を正規表現で書かないとならなくなる場合が出てきます。
これがけっこう厄介で、手動で作っているといろいろミスも出てきますし、第一入念なテストができないのでぶっつけ本番になってしまいがちです。

そこで、自動生成の手段を模索していたのですが、GoogleアナリティクスのヘルプページにIPアドレス範囲→正規表現の自動生成をしてくれるページがあることを知りました。

ただ、このページだと
・手動で入力しないとならない→バッチ処理で大量の変換ができない
・通常IPアドレス帯はxxx.xxx.xxx.xxx/nnという感じで、ネットアドレス+マスクビット数という形で書かれており、そのままではこのページに入力できない
という欠点があります。

このページはJavaScriptで機能しているようなので、スクリプトをちょっと拝借して、独自の変換ツールを作ってしまいました。
コードの著作権があるので、Googleのコードの部分は掲載しませんが、独自に作った部分は以下のような感じです。


これに、googleのページから必要な関数をコピーして追加すれば機能します。
#JavaScriptが直接HTMLに埋め込まれていますので上のリンク先のページソースを表示するなり、HTMLを保存するなりすればコピペ可能です

実行はWindowsのコマンドプロンプトから
cscript //Nologo ip_addr_regex_gen.js xxx.xxx.xxx.xxx nn d
という感じです。
なお、dはデバッグレベルで、未指定or0だと正規表現だけを表示し、1以上だと開始・終了アドレスなども表示します。

ケータイ各社のアドレス帯の表をテキストエディタなどで加工してバッチファイルにでもすれば、一気に変換することもできます。

なお、ケータイ3キャリアのアドレス帯域は以下にあります。
ドコモ(i-mode)
au(ezweb)
ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)

テーマ:webサイト作成 - ジャンル:コンピュータ

水槽自動給水器
60cmの淡水魚水槽があるのですが、夏場の水温上昇防止のためにファンを使っています。
そうすると、1日1.5Lくらいの水が蒸発してしまいます。
家にいるときは毎日給水してやればいいのですが、夏休みに旅行に行く予定もあり、3~4日家を空けると結構厳しいことになってしまいます。
毎年、旅行の前にはむりくりペットボトルで自動給水の仕組みを構築していたのですが、それも結構大変なので、恒常的に設置できるものを作ってしまおうと思い立ちました。
冷却用の水槽用ファン(シロッコファンタイプ、水槽用)が古くなってうるさくなってきたというのもありますしね。

具体的な方法ですが、水槽セットについてきた使っていない上部濾過用の濾過槽を改造します。

下が完成形です。(ただし、実際にはプラスαしています)
自動給水器

写真を見ればわかると思いますが、まず濾過槽の底の部分に大きめの穴をあけます。
そして、その穴にペットボトルをさかさまに立てて、倒れないように針金などで支えるようにします。
写真右側にフックボルトを付けて、そこから針金で引っ張るようにして支えています。

とりあえず、写真では一番奥に1本だけ立てている状態ですね。
最大4本建つようにしていますが、手前二つの穴はファンとライトに普段は使う予定です。
長期留守にするときはライトを外し、ファンは逆向きに付けることで4本建てられる予定です。

原理としては、さかさまに立っているペットボトルの口の部分が水面下に沈んでいます。
この状態でボトルキャップを外しても、空気が入らないので中の水は出ていきません。

で、水が蒸発して水位が下がると、ボトルの口が水面に出て、空気が入って水がボトルの口より上に来るまで水が出るという仕組みですね。
まあ、常に水槽とペットボトル内の水はつながっている状態になるので、水槽の水量を増やしたのと効果は同じなんですけどね。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

スマフォ用ページ作成Tips
半分備忘録ですが。

・スマフォの画面サイズ
普通にページを表示させると、スマフォの場合は横方向を仮想的に900px位になるようにしているらしく、取っても小さく表示されてしまいます。
デザイン優先で、PCとスマフォを共通に扱うなら良いのですが、そうでない場合はバカみたいにフォントサイズを大きくしないと現実的な大きさにならないという欠点ができてしまいます。
そして、そういった形で解決を図ると、PCでアクセスした場合に馬鹿でかいフォントで表示されます。

というわけで、解決策ですが、metaタグでviewportを設定すると良いようです。

<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />

みたいな感じですね。

width=device-widthでブラウザの幅(仮想)を実際のデバイスの幅に合わせます。
initial-scaleは初期倍率ですね。

ただ、iPhoneだとどうかわかりませんが、Android(標準ブラウザ)だとWVGA(幅480px)の端末でも、幅が320pxになってしまうみたいです。
なんでかわかりませんが、これについては解決策が見いだせていません。

ご存じの方がおられたら教えてほしいのですけどね。

解決法がわかりました。
target-densitydpi=device-dpiを追加すれば良いようです。(Android2.x以降)
これは前にも試していたのですが、順番がものをいうようで、widthより前に指定しないとダメなようです。
<meta name="viewport" content="target-densitydpi=device-dpi,width=device-width,initial-scale=1.0" />
とすれば、端末の実寸で表示されるようですね。

まあ、今後スマフォの画面解像度が(物理サイズは現状のままで)SVGAとかXGAとかになってくると、逆に実寸表示にしないほうがいいのかもしれませんけどね。

・画像自動拡大
これはJavaScriptを使って、ブラウザの幅に合わせて自動的に画像を拡大するというものです。
以下のような感じですね。

<img src="1key.png" id="NumImg1" onload="resize(1);" />
<img src="2key.png" id="NumImg2" onload="resize(2);" />
<img src="3key.png" id="NumImg3" onload="resize(3);" />
<br />
 ・
 ・
 ・
<script type="text/javascript">
<!--
var scrW = getBrowserWidth();
var scrH = getBrowserHeight() - 150;

function getBrowserWidth()
{
if(window.innerWidth)
{
return window.innerWidth;
}
else if(document.documentElement && document.documentElement.clientWidth != 0)
{
return document.documentElement.clientWidth;
}
else if(document.body)
{
return document.body.clientWidth;
}
return 0;
}

function getBrowserHeight()
{
if(window.innerHeight)
{
return window.innerHeight;
}
else if(document.documentElement && document.documentElement.clientHeight != 0)
{
return document.documentElement.clientHeight;
}
else if(document.body)
{
return document.body.clientHeight;
}
return 0;
}

function resize(num)
{
img = document.getElementById("NumImg" + num);
imgW = img.width;
imgH = img.height;
scaleW = (scrW / (imgW * 3)) | 0;
scaleH = (scrH / (imgH * 4)) | 0;
scale = (scaleW < scaleH) ? scaleW : scaleH;
if(scale > 1)
{
img.width=(imgW * scale).toFixed(0);
img.height=(imgH * scale).toFixed(0);
}
}
//-->
</script>

ちなみに、getBrowserWidth/getBrowserHeightはこちらのものを使わせてもらっています。

テーマ:webサイト作成 - ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。